受賞・報道

「高被引用論文著者2017年版」に茶谷直人教授、三浦雅博教授が選出されました!

学術情報・知財情報・ライフサイエンスに関する世界的情報サービス企業であるクラリベイト・アナリティクス社が公表した「高被引用論文著者(Highly Cited Researchers)2017年版」※に、本専攻の茶谷直人教授、三浦雅博教授が選出されました。

本リストに選ばれることは、世界で高い影響力を持つ科学者である証です。日本からは72名が選出されました。(大阪大学全体では8名が選出)

世界的レベルの研究が応用化学専攻で行われているんですね!

※本リストは21の研究分野において、2005年1月から2015年12月の間に被引用数が非常に高い論文を発表した研究者3,300名以上を特定しています。

大阪大学から選ばれた方は以下の通り

クラリベイト・アナリティクス社「高被引用論文著者2017版」(英語)

左:茶谷直人 教授
右:三浦雅博 教授

2022/04/18 
【受賞・報道】

松崎典弥教授の論文がNature Communication誌の「2021 Top 25 Life and Biological Sciences Ar...

 

2022/03/17 
【受賞・報道】

“脱炭素”乱用を安田教授が斬る!

 

2022/01/13 
【受賞・報道】

*1/13追記 応用化学の学生が大活躍!(20...

 
閉じる
HOMEへ