受賞・報道

日本財団との連携による
感染症対策大型プロジェクト始動!

2021年9月14日(火)、日本財団ビル(東京都港区)において、日本財団笹川陽平会長と大阪大学西尾章治郎総長が共同記者会見を行い、大阪大学と公益財団法人日本財団が「日本財団・大阪大学感染症対策プロジェクト」を今後10年間実施することが発表されました。

本プロジェクトは、新型コロナウイルス感染症の流行で明らかになった社会課題に対して、長期的視野に立ち、今後も起こり得る感染症危機において、人々の「いのち」を守り、社会・経済活動を維持するための感染症研究基盤を整備するものです。本プロジェクト実施にあたり、日本財団から本学に対し、総合研究開発拠点の整備費を含め、230億円の助成が行われる予定です。

大阪大学は、2021年4月に設置した感染症総合教育研究拠点(CiDER)を中心に、これらの社会課題解決に向けて、科学的エビデンスに基づく情報の発信、感染症研究基盤の強化及び感染症医療人材の育成等を行います。

応用化学専攻からは菊地和也教授がCiDERの感染症・生体防御研究部門に参画しています。

本プロジェクトにおける菊地先生の活躍と CiDERの成果にご期待ください!

「日本財団・大阪大学感染症対策プロジェクト」について
https://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/topics/2021/9/20210914001

大阪大学 感染症総合教育研究拠点(CiDER)
https://www.cider.osaka-u.ac.jp/index.html

菊地研
https://www-molpro-mls.eng.osaka-u.ac.jp/

2021年9月14日共同記者会見の模様
(左:笹川会長 右:西尾総長)

2022/07/12 
【受賞・報道】

光の色により電圧が可逆変化する新現象を発見!
ー 独自の塗布型光...

 

2022/04/18 
【受賞・報道】

松崎典弥教授の論文がNature Communication誌の「2021 Top 25 Life and Biological Sciences Ar...

 

2022/03/17 
【受賞・報道】

“脱炭素”乱用を安田教授が斬る!

 
閉じる
HOMEへ