受賞・報道

松崎教授と大洞准教授がNature誌のNature Index APAC特集に登場

大阪大学の卓越した業績を持つ若手研究者達の学際的交流のために、2020年に「 SAKIGAKEクラブ」が発足しました。「世界一の研究」と「世界一の研究」を掛け合わせると、とてつもなくすごい「世界一の研究」となる。このような「未知の掛け算」を通して、若手研究者に未踏領域へ踏み出してもらうことが「SAKIGAKEクラブ」の目的です。

大阪大学がNature誌に掲載した疾患生物学への多面的な取り組みに関する記事中の、「SAKIGAKEクラブ」紹介箇所に松崎教授と大洞准教授(林研)が登場しています。

今後も応用化学専攻の若手教員の活躍にご期待ください!

Nature誌記事についてはこちら
https://www.nature.com/articles/d42473-020-00518-w

「SAKIGAKEクラブ」についてはこちら
https://www.ura.osaka-u.ac.jp/uramagazine/vol_071.html

松崎研究室についてはこちら
http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~matsusaki-lab/

林研究室についてはこちら
http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~hayashiken/

松崎教授(左)と大洞准教授(右)

2022/04/18 
【受賞・報道】

松崎典弥教授の論文がNature Communication誌の「2021 Top 25 Life and Biological Sciences Ar...

 

2022/03/17 
【受賞・報道】

“脱炭素”乱用を安田教授が斬る!

 

2022/01/13 
【受賞・報道】

*1/13追記 応用化学の学生が大活躍!(20...

 
閉じる
HOMEへ