大阪大学工学部応用自然科学科応用化学科目
大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻

物質機能化学コース 協力講座

応用化学領域図一覧に戻る

自然材料機能化分野

領域ウェブサイト
領域ウェブサイト

教授 能木 雅也

准教授 古賀 大尚

助教 上谷 幸治郎

セルロースナノファイバーとは、幅4-15nmのとても微細な繊維であり、地球上すべての植物に含まれる無尽蔵な天然資源です。 2008年、私達はこのナノファイバーを使って「透明な紙」をつくることに世界で初めて成功しました。そして現在は、新たなセルロースナノファイバー材料の開発、透明な紙を用いた電子機器:ペーパーエレクトロニクスの研究を行っています。

量子ビーム物質科学研究分野

領域ウェブサイト
領域ウェブサイト

教授 古澤 孝弘

准教授 室屋 裕佐

助教 岡本 一将

半導体製造における極端紫外光リソグラフィ、粒子線ガン治療等、今後電離放射線領域にある量子ビームの利用が大きく展開して行くことが予想される。量子ビーム物質科学研究分野では最先端の量子ビーム(電子線、極端紫外光、レーザー、放射光、X線、ガンマ線、イオンビーム)を利用して、量子ビームが物質に引き起こす化学反応と反応場の研究を行っている。量子ビームによる物質へのエネルギー付与から、化学反応を経て、機能発現に至るまでの化学反応システムの解明、得られた知見から新規化学反応システムの構築を行っている。